賃貸物件経営成功の秘訣|投資マンションで人生の蓄えを作ろう|豊かな暮らし

投資マンションで人生の蓄えを作ろう|豊かな暮らし

ウーマン

賃貸物件経営成功の秘訣

マンション

不動産会社が一括借上

賃貸物件経営の際に用いられる手法の1つに、サブリースという手法があります。サブリースとは、直訳すると転貸し、又貸しという意味なのですが、不動産賃貸においては一括借上のことを指します。もう少し具体的に説明すると、賃貸物件の所有者が、その物件を不動産会社に貸します。そして不動産会社が、その物件を第三者に貸すというのがサブリースです。サブリースの対象となる物件は、主としてビルや集合住宅です。賃貸物件を経営するためには、土地を探し、購入し、建物を建てる必要があります。それらは当然、手間も費用もかかります。その手間と費用を不動産会社側で省いた手段が、サブリースです。不動産会社にとってサブリースは大きなメリットがありますから、多くの大手不動産会社が積極的に導入しています。

玄人に任せてリスクを軽減

もちろん、賃貸物件の所有者にもメリットはあります。賃貸物件を所有しているからといって、円滑に賃貸物件経営ができるとは限らないものです。賃借人同士、あるいは賃借人とのトラブルが発生することがありますし、それ以前に賃借人が思ったように見つからないこともあります。そういったことから、賃貸物件経営が失敗してしまい、大切な資産を失ってしまうこともあります。その点、サブリースをすれば、経営は実質、不動産会社となりますから、様々なトラブルは不動産会社が対応します。また、仮に空き部屋が多くて本来ならば経営が成り立たないとしても、通常、契約で収入は保証されます。つまり、素人の不馴れな賃貸物件経営で生じるリスクを軽減させるのが、サブリースなのです。